【ゲストセミナー質問記事】個々人の「想い」を起点にした事業と組織 / ㈱シェイク

シェイクは、人材育成コンサルティングを手掛けるベンチャーです。(社員数約30名 / 四谷本社)

シェイクの最大の特徴は、「個々人の想い」を起点にしており、それが事業や組織運営に反映されていることです。本ゲストセミナーでは「想い」をテーマに、シェイクらしさを紐解いていきます。

個々人の「想い」を起点にした事業と組織運営

シェイクの思想:「Lead the self(想い)」が起点

「自分の人生を、自分でリードする」という考え方です。シェイクには、想いやビジョンを持った人たちが集まっています。

 

サービスコンセプト:「20代からのリーダーシップ開発」

「Lead the self(想い)」をベースに、シェイクがクライアントに提案しているのが「20代からのリーダーシップ開発」です。若手からリーダーシップを発揮することで、イキイキ働くヒトを増やしています。

 

組織運営:「7:2:1」

同じく「Lead the self(想い)」をベースに、「7:2:1の組織運営」を行っています。全体の「7割」が本業の時間、「2割」が自社の組織づくりのプロジェクトの時間、「1割」が社員個々人の想いの実現のための時間です。

 

価値観:「本気で本質を追求する」

売上よりも本当にいいものを追求するカルチャーです。他社の人材会社は売上拡大を目指しているベンチャーが多いのに対して、シェイクは明確に量より質を重視しています。

シェイクに入社している人

  • 自分の想いとシェイクで働く人の想いに重なる部分があった
  • 自分で自分をリードして、イキイキ働ける人を増やしたい
  • 他の人材会社よりも、本質を追求するカルチャーに惹かれた