【バリ活の取説】就活の「3つのフェーズ」におけるバリ活の活用方法

バリ活ってベンチャーや優良企業を紹介してくれるのは分かったのですが、うまい活用方法なんかも知りたいです。

学生

バリ活 向山

ありがとう!この記事はバリ活の「取説」として書いたので参考にしてみてください。

バリ活 向山

まずは①年間を通じた就活のフェーズを簡単に説明した上で、②フェーズごとのバリ活の活用方法を話していきます。
年間の動き方のイメージもしたいので、助かります!

学生

バリ活 向山

はい、この記事で就活(特に早期就活)の全体像も結構掴めると思いますので、ぜひ読んでみてください!

就活の3つのフェーズ

バリ活 向山

大半の就活生はおおよそ次の3つのフェーズを経験します。
  1.  企業選びの軸を決める(=選ぶ
  2.  選考を突破して内定獲得する(=受かる
  3.  1社に内定承諾する(=決める
「選ぶ」「受かる」「決める」と整理すると、就活でやることは実はかなりシンプルなんですね!

学生

バリ活 向山

ひとまず「選ぶ」「受かる」「決める」と全体像を押さえておくと、焦らず進めていけると思います。
まずは、企業選びの軸を決めるところからですね。

学生

バリ活 向山

夏や秋ごろに企業選びの軸を少しずつ固めていくといいですね。
フェーズ2の選考はいつごろからですか?

学生

バリ活 向山

ベンチャーはもちろんですが、優良企業なんかも秋の10・11月頃から早期本選考が徐々にスタートしくところが多いです。

バリ活 向山

この時点で企業選びの軸が出来上がっていなくてもいので、選考を通じてさらに軸を整理していくのもありだと思います。
選考対策も必要そうですね。

学生

バリ活 向山

就活の選考は9割がた面接で決まりますから、面接対策がメインになります。
そして、最後に1社に決めると。

学生

バリ活 向山

決めるときはめちゃ悩むと思うのですが、ここは自分の納得感が一番大事だと思います。

バリ活 向山

もう一度、3つのフェーズをまとめておきます。

1.企業選びの軸を決める(=選ぶ

2.選考を突破して内定獲得する(=受かる

3.一社に内定承諾する(=決める

バリ活 向山

就活の全体像は「受かる」「選ぶ」「決める」だと覚えておいてください!

フェーズ① 企業選びの軸(=選ぶ)

バリ活 向山

ここからは、各フェーズを詳しく解説しながら、バリ活の活用方法を話していきますね。
お願いします!

学生

バリ活 向山

企業選びの軸づくりのスタート方法としてバリ活がオススメしているのが、まずは色々な企業と会ってみることです。

バリ活 向山

企業と会ってみると、「この企業はよかった」「この企業はピンとこなかった」など感じると思います。

で、それがなぜかを考えていきます。

自分にとって「合う」「合わない」を仕分けしていく感じですね。

学生

バリ活 向山

ポイントは、その仕分けをしっかり「言語化」していくことです。
なんとなく合いそうとかではダメですよね。。

学生

バリ活 向山

感覚や感じたことはとても大事だと思うのですが、それを「言語化」していく作業を通じて、軸がブラッシュアップされていきます。

バリ活 向山

バリ活では1,2か月ごとに1度面談していくペースなので、そのタイミングで企業に会って感じたことを振り返って、アウトプットしていくサイクルを繰り返していきます。
アウトプットすると考えがまとまっていきそうですね。

学生

バリ活 向山

企業選びの軸は、企業と会って、そこで感じたことをアウトプットして言語化していくという、いわゆる「PDCAを回していくこと」で出来上がっていきます。

バリ活 向山

バリ活では、軸づくりのPDCAを回すための「伴走役」を面談担当が担っていくということです。
自分だけでPDCA回すのは難しいですもんね…!

学生

バリ活 向山

軸づくりの「伴走役」は、バリ活としてもかなり力を入れているところなので、一緒にがんばっていきましょう!

フェーズ② 選考を突破して内定獲得(=受かる)

選考対策と言えば、面接対策なんですよね。

学生

バリ活 向山

ベンチャーや優良企業の「本選考」で言うと、ES選考やGD選考は少なくて、ほぼ面接になると思っておいてください。

バリ活 向山

大手を考えている学生でも、早期本選考の面接は練習になると思います。
面接ってどんなことが聞かれるんでしょう…?

学生

バリ活 向山

色々聞かれますが、大枠はこの2つです。
  1.  なぜ、うちの会社なの?
  2.  学生時代に頑張ったことは
あ、1の話って企業選びの軸とも関係してますよね!?

学生

バリ活 向山

そうなんです。だから、夏・秋ぐらいで企業選びの軸がだいぶ固まってきていると、早期本選考でも有利になってきます。

バリ活 向山

2については、さすがに頑張った「ネタ」自体がないと対策しようもないので、もしまだないなという人は何か頑張ってみることをオススメします。
どういうことを頑張ればいいんでしょうか?

学生

バリ活 向山

題材としては、バイトなどでいいと思いますし、バリ活では長期インターンも紹介しているので、チャレンジしてみるのもありだと思います。
まずは、頑張ってみます!

学生

バリ活 向山

頑張ったネタがある人は、あとは「伝え方」なので、そこは面談担当が壁打ち相手をつとめます!

バリ活 向山

で、どの企業でも共通して聞かれるのはほぼこの2つなんですが、各社ごとに見るポイントが違ったりするので、そこは各社ごとの対策が必要です。
①共通の面接対策に加えて、②各社の面接対策ということですね。

学生

バリ活 向山

バリ活で紹介した企業の面接対策に関しては、一社ずつアドバイスが出来ます。
それはありがたいです!

学生

バリ活 向山

実はバリ活は紹介する企業ラインナップを絞っていて、いわば「セレクトショップ型」でやってるんですね。

バリ活 向山

一社ずつの企業に結構入り込んいることもあって、各社の面接対策情報をしっかり出せます。
先輩は、バリ活で面接対策面談もしてもらったって言ってました。

学生

バリ活 向山

企業や志望度によって実施しています。たとえば、役員面接前の対策面談などですね。

バリ活 向山

そのタイミングがきたら声をかけますね!
はい、よろしくお願いします!

学生

バリ活 向山

バリ活から紹介した個社ごとの面接対策は特に頼りにしていてください!

フェーズ③ 1社に内定承諾(=決める)

内定を無事もらえたら、あとはどう1社に決めるかですよね。

学生

バリ活 向山

ほとんどの学生は、最後2・3社で悩みますからね。

バリ活 向山

で、実はバリ活は「決める」フェーズにあたっては、基本的に「何もしない」と決めています。
え、何もしてくれないんですか!?

学生

バリ活 向山

はい、しません!笑

バリ活は人材エージェントなので、自社の紹介した企業に学生が承諾すると、企業からお金がもらえます。

バリ活 向山

だから、どうしてもうちの紹介した企業に承諾してもらえるように説得したくなっちゃうじゃないですか。
そうですよね…

学生

バリ活 向山

バリ活としてはそういうことはしたくないので、最後の「決める」フェーズは基本的に学生に任せることにしています。

バリ活 向山

うちの売上なんかよりも、学生本人の人生における決断の方が大事ですから。
おぉ!

学生

バリ活 向山

それに、最後の2・3社の決め方って、結局のところ本人自身が決めるしかないと思うんですよ。

バリ活 向山

その2・3社は自分で決めた軸には大体当てはまっていることが多くて、最後は自分の感覚だったり、納得感だったりするので。
自分次第ということですね…!

学生

バリ活 向山

はい、なので就活においては「決める」が一番大事なことだと思うのですが、ここは自分で頑張ってほしいです!

バリ活 向山

アドバイスはしないですが、話は根掘り葉掘り聞くので。

バリ活 向山

それまで支援してきた学生がどう決めるのか、面談担当としては実はすっごく気になるんです。
ですよね!

学生

バリ活 向山

だから、「何もしない」って言いましたけど、実はめちゃ応援してます笑

バリ活の取説まとめ

バリ活 向山

就活のフェーズは、「選ぶ」「受かる」「決める」の3つでした。

バリ活 向山

バリ活は1・2か月に1度面談を通して、セレクトされたベンチャーや優良企業を紹介しながら、「選ぶ」「受かる」のフェーズを伴走していきます。

バリ活 向山

ぜひ年間を通してうまく活用してください!