正しい運動習慣を普及させ、日本人の健康寿命を伸ばす / ㈱カーブスジャパン(東証一部上場)

カーブスジャパンは、「正しい運動習慣」を普及させることを通じて、日本人の健康問題に切り込んでいます。(社員約300名 / 東証一部上場 / 港区田町本社)

日本人の「健康寿命」を伸ばす

f:id:barikatsu:20180827154905p:plain

日本人が日常的に生活ができる「健康寿命」は、平均寿命より約10年ほど短いのが現状となっています。

つまり、平均的に10年間は誰かの支援や介護がなければ暮らしていけないということです。

カーブスは、高齢化社会において重要となっている「健康寿命」を伸ばすという社会課題解決のために、フィットネスのフランチャイズビジネスを行っています。

本部の企画職を募集

今回の新卒採用は、本部(港区・田町)での「企画職」の募集です。

商品企画マーケティング、フランチャイズ加盟店への経営コンサル人材育成など多岐に渡る企画を行います。

大手企業や官公庁とのプロジェクトも多く、様々な人たち相手に仕事を行っていきます。

新卒社員の声

新卒社員の多くが「健康」の大事さを身近に感じる経験をしています。下記にエピソードの一部をまとめたので、自分に近い経験をしている人がいないか見てみてください。

「小学生から大学までサッカーを続けてきました。自分やチームのメンバーがケガで戦線離脱して悔しい思いをすることが何度もあり、大学ではスポーツや健康をテーマに勉強しました。病気や怪我で苦しむ人生ではなく、生きるエネルギー溢れる社会を実現するという軸で就職活動し、カーブスに入社を決めました。」(法政大卒・男性)

 

「両親が共働きで半分祖父母に育てられた自分は大のおばあちゃん子でした。大学に入ってからも年に数回は帰省していましたが、その度になんだか小さくなっていく祖母が心配でしたし、地元の町も過疎化していて、このままで大丈夫かと不安に思っていました。就活でカーブスを知って、高齢でも元気でイキイキしている人を日本中に増やしていく事業に興味を惹かれました。」(神大卒・男性)

 

「3人兄弟の我が家は昔からとても賑やかでした。就活で自分の将来を考えた時に家族の顔が浮かび、大切な人を守れるものを提供したいとインフラ系やMRなどを見ていました。しかし、結局身体と心が健康でなければ生活は豊かにならない。薬を飲まなくて良い身体の方が大事。そう思ってカーブスに入社を決めました。」(早稲田卒・女性)

こんな人にオススメ

バリ活スタッフ

身近な人の健康に関心がある、もしくは学生時代にスポーツに熱中していた人には特に合う企業です!