シンプルに、泥臭く、いいサービスを創り続けるITベンチャー / ㈱エバーセンス

エバーセンスは、トヨタ・Amazon・リクルート・楽天・DeNA・Yahoo!・ベネッセ・KDDI・富士ゼロックスなどの出身者が集まった少数精鋭のITベンチャーです。(社員数約40名 / 日本橋(東京)本社)

「家族を幸せにすることで、笑顔溢れる社会をつくる」という理念を掲げ、妊婦向けアプリ「ninaru(ニナル)」や子育てメディア「こそだてハック」などを運営しています。

ユーザーファーストのモノづくり

エバーセンスは、「ユーザーファースト」のものづくりにとてもこだわっています。

代表の代表の牧野さんの「売り上げ目標を立てない理由」という記事から一部抜粋して紹介します。

牧野さんは東大卒業後、トヨタでレクサスの事業企画を担当。その後、リクルートの経営企画を経てエバーセンスを起業したという経歴です。

代表メッセージ一部抜粋

大事にしたいカルチャーとは何か。

 

「ユーザーのために、いいサービスをつくる」というカルチャーです。

 

エバーセンスは、モノ作りの会社でありたい。

 

WEBの世界では「ユーザーファースト」は当たり前になっていますが、ユーザーファーストを掲げながら、必達しなければならない売上目標があると、「どっちが大事なんだろう」と感じて、何を見て仕事をすればいいか迷ってしまう。

 

例えば、エバーセンスには『ninaru』という妊婦さん向けのアプリがあり、月間20万人の方にご利用いただいています。

iOSのアプリレビューは4.9点以上(5点満点)で、読んでいるとつい泣いてしまうようなレビューも。

 

また、「これで無料なの?」というレビューもよくあります。正直に言うと、ninaruの売上を2~3倍にすることは簡単です(調子に乗っている風に聞こえますが…)。全然、広告を貼っていないので。。。

 

でも、売上を上げにいこうとすると、レビューの点数は下がり、2倍にするには4.4~4.6、3倍にするには4.2~4.4くらいの犠牲を伴います。

 

売上目標があったら、きっとそうしている。

でも、エバーセンスは高いユーザー満足度を大切にしたいから、それはやりたくない。

ユーザーに喜んでもらえると、日々、よりご機嫌に仕事ができると思うから。

ワークポリシー「ご機嫌に人生を楽しむ」

同じく、ワークポリシーについて、牧野さんの言葉を紹介します。

「エバーセンスのみんなが、ご機嫌に活き活きと人生を楽しむ。」

 

これは、創業の頃からずっと私が伝え続けていることで、起業した理由でもあります。

また、いいサービスを作るためにも、一番大切なことだと思っています。

 

「”いい”大学に行って、新卒で”大きくて安定した会社”に入って定年まで働き続ける」ことが正解だった時代は終わりました。

人生に正解というものはなく、自分が選んだ人生を正解にするしかないので、それが幻想だとはっきりしただけなのかもしれません。

 

ただ、今でも、その生き方も「幸せになれる選択肢の一つ」であることは確かです。

個人の生き方と同じように、会社の制度、文化に正解はありません。

 

エバーセンスにとっての正解は、「エバーセンスのみんなが、ご機嫌に活き活きと、人生を楽しむ」ことができていること。

そうしていけるような、制度や文化でありたい。

 

そして、僕らがそんな会社をつくる、そんな会社でいることで、他の会社にも「僕らなりの幸せを考えよう」なんて、少しでも影響を与えられたらいいなぁと思っています。

 

個人と同じくらい、多様性がある会社、社会にしたい。

そして、多様な会社が増えることで、幸せに生きる個人が増えてほしい、と願っています。

こんな人にオススメ

バリ活スタッフ

ユーザーファーストなモノづくりがしたい人はもちろん、少数精鋭のオトナのプロ組織で働きたいという人にもオススメです!

 

\紹介キャンペーン実施中!/
国公立・関関同立の友達を紹介してくれたら、Amazonギフト券3000円分プレゼント!

※申込時の紹介者欄にあなたの名前を書いてもらってください。