FinTech領域の日本トップクラス / ㈱マネーフォワード(東証一部上場)

マネーフォワードは、FinTech領域・SaaS型のITベンチャーとして、日本代表クラスと言えます。(東証一部上場 / 社員数約850名 / 田町本社)

 

創業者の辻さんは、京大農学部を卒業後、ペンシルバニア大学ウォートン校でMBA取得。ソニー、マネックス証券を経て、マネーフォワードを設立。経営陣にもMBAホルダーや大手出身者が並び、社外取締役には三井住友銀行の元副頭取、元モルガンスタンレー役員などプロフェッショナルが集まる「大人のベンチャー」です。

FinTech(フィンテック)の日本代表格

f:id:barikatsu:20190904175912j:plain

マネーフォワードは、金融×テクノロジーの「FinTech」(フィンテック)領域で日本代表格と言われ、この領域で日本で初めて上場したベンチャー企業です。

 

TV・雑誌・新聞などメディアにも連日取り上げられ、SaaS(サース)型のITベンチャーとしても第一人者クラスの企業として認知されています。

ユーザーの人生を前に進めるために、「お金のプラットフォーム」をつくる

f:id:barikatsu:20190904180204p:plain

マネーフォワードは、「お金は、人生においてツールでしかない」と言い切ります。けれど、生活をしていくにも、夢を実現していくためにも「すべての人」にとってお金は必要不可欠で、そのお金で悩んだり課題を抱える人が多いのが現実。

 

そこでマネーフォワードが目指すのは、「お金の不安から開放され、ひとりひとりの人生が豊かになる社会」ユーザーの人生をポジティブなもの、前向きなものにしていくためにテクノロジーを用いて、「お金のプラットフォーム」になることを目指しています。

ビジョン実現のために「BtoC・BtoB」両軸で展開

ユーザーの人生をポジティブなものにしていくために、BtoC領域はもちろん、BtoB領域へのアプローチも行っています。

家計簿アプリ「マネーフォワード」

f:id:barikatsu:20161106175250p:plain

クラウド会計ソフト「MFクラウド会計」

f:id:barikatsu:20180906172413p:plain

また、ここ数年で多くの新規事業立ち上げに注力しているため、事業責任者になれるチャンスもあります。

こんな人にオススメ!

バリ活スタッフ

日本を代表するFintech・SaaS企業として広く認知されています。ITベンチャーを見るならば、まず話を聞いておきたい鉄板企業と言えるでしょう。

 

\紹介キャンペーン実施中!/
国公立・関関同立の友達を紹介してくれたら、Amazonギフト券3000円分プレゼント!

※申込時の紹介者欄にあなたの名前を書いてもらってください。