【予約フォーム付】「知見」のプラットフォームを運営し世界のイノベーションを支える / ㈱ビザスク

ビザスクは、企業のイノベーションを支える「知見(ナレッジ)」のプラットフォームを運営しています。(社員数約160名 / 目黒区青葉台本社 / マザーズ上場)

イノベーションを支えるナレッジプラットフォーム

専門的な知見を持つアドバイザーがすでに10万人以上「ビザスク」に登録しており、そのアドバイザーから直接話が聞くことが出来るスポットコンサルという、これまでにないサービスを提供しています。

大企業やベンチャーにおける新規事業の仮説づくりなどに活用されており、企業のイノベーションを支えるプラットフォームになっています。

ミッション「知見と、挑戦をつなぐ」

個人がそれぞれ持っている「知見」を、組織や世代・地域を超えてつなぐことで、世界中のイノベーションに貢献することをミッションとしています。

すでに米国Coleman社を買収し、グローバルでのナレッジプラットフォーム構築に着手しており、ミッションドリブンのスタートアップです。

代表インタビュー(一部抜粋)

代表の端⽻(はしば)さんは、東大経済卒→ゴールドマン・サックス→米国MITでMBA取得といった経歴を持ち、著名な女性起業家です。

ビザスクは、スポットコンサル=1時間のインタビューで、組織・世代・地域の3つの壁を超えて知見をつなぎ、イノベーションに貢献することを目指し、2013年10月にサービスを開始しました。

 

私は、アップル創業者であるスティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学卒業式で行った有名なスピーチ”Connecting the dots(点と点をつなげる)”がとても好きです。

 

私個人にとってビザスクの創業は、子育てとキャリア形成の両立に悩んだ経験、米国留学の経験、過去3つの仕事で得た学びなど様々な経験がconnecting the dotsしていますし、ビザスクチームが目指すものは、社会規模でConnecting the dotsを実現する、ビジネスインフラとなるプラットフォームです。

 

ビザスクでは、小さな取引のたびに、自分でも意識していなかった、まだ言葉にならない形で持っていた貴重な知見が発掘されます。

 

“組織、世代、地域を超えて、知見を集めつなぐことで、世界のイノベーションに貢献する”

 

ミッションに忠実に、事業成長に邁進してまいります。

こんな人にオススメ

バリ活スタッフ

ミッションドリブンの日本代表クラスのベンチャーに興味がある人にオススメです。選考ハードルも非常に高く難関ですが、ぜひチャレンジしてみてください!

▼セミナー申し込みはこちら