「ベンチャーの夏インターンってほんとに行ったほうがいい?」を先輩187人のデータから読み解く!

バリ活 向山

ベンチャー就活に限らず、周りの友達が就活動いているとか聞いたら焦りますよね。
先輩に聞いても、ベンチャーのサマーインターン行った方がいいという人もいれば、行っても意味ないという人もいてよく分からないです…

学生

バリ活 向山

まぁ、意見割れますよね 笑

バリ活は毎年かなりの人数のベンチャー就活を支援しているので、今回はそこで得たデータから読み解いていきますよ!

夏インターン時期に出会った企業に承諾した学生は21%

バリ活 向山

21卒で187名のベンチャー承諾学生のうち、夏インターン時期に出会った企業に決めたのは39名(21%)でした!

皆さんは、この21%という数字はどう感じるでしょうか?

この数字だけでは分かりづらいと思うので、他の時期と比べて見ましょう。

  • 10~12月に出会った企業に承諾した学生:57名(31%)
  • 1~3月に出会った企業に承諾した学生:71名(38%)
  • 4月以降に出会った企業に承諾した学生:18名(10%)

承諾企業に出会った接点時期をシンプルに表すと、夏が「2割」10~3月が「7割」4月以降が「1割」といった分布になっています。

「2割」という数字も決して低いわけではないですが、夏インターンは腕試しがメインで、気になる企業に会えたらラッキーくらいに考えておくといいのではないでしょうか。

むしろ、インターンが落ち着いた10月からの「早期本選考」時期の方が明らかに重要です。

夏インターン実施ベンチャーはごく一部

バリ活 向山

夏インターンを実施するベンチャーは全体の中でも実は少数派です。コロナでさらに減った印象があります。

気になったので調べてみたところ、バリ活のクライアント企業の内、23採用で夏インターンを実施する予定企業は「18%」でした。

大多数のベンチャーは、10月頃から本格的に採用をスタートさせていくということです。

とはいえ、夏インターンを実施するベンチャーについて気になる人も多いと思うので、探し方についても簡単に書いておきます。

夏インターンを実施する企業は複数の就活サイトに掲載しているケースがほとんどなので、バリ活だからこそ紹介できるという企業や選考ルートは特にありません。(ごめんなさい!)

もちろん、バリ活からもいくつかのインターン紹介を行っていきます。

ただ、もしそれで足りない場合は、「ワンキャリア」「エンカレ」「外資就活ドットコム」あたりを使うといいのではないでしょうか。

バリ活 向山

データからも「夏インターンは絶対参加すべし!」といったものでは“ない”と読み取れます。

むしろ様々な社会人と会えるチャンスぐらいに捉えて、少し肩の力を抜いて説明会や選考に参加していけばいいですね!

\紹介キャンペーン実施中!/
国公立・関関同立の友達を紹介してくれたら、Amazonギフト券3000円分プレゼント!

※申込時の紹介者欄にあなたの名前を書いてもらってください。