自己分析で「やりたいこと」なんて分からない!? バリ活がオススメする「やりたいこと」の見つけ方

自分の「やりたいこと」がよく分からなくて悩みがちです…

学生

バリ活 向山

「まず、やりたいことを見つけよう」「やりたいことで仕事を選ぼう」という風潮が強いですし、焦りますよね。
自己分析はしているんですけど、やりたいことは結局よくわかりません…

学生

バリ活 向山

「やりたいこと」が元々はっきりしている人はそれで突き進めばいいのですが、「やりたいこと」なんてよく分からない人がほとんどだと思います。

バリ活 向山

今回は就活においてとても厄介な「やりたいこと」について、バリ活の考え方を紹介しますね!

やりたいことが見つからないときは「企業起点」からスタートしよう

バリ活 向山

「やりたいことがわからない」と悩んでいる人は、「自分起点」で考えすぎていることが多いのではと思っています。
自己分析ばかりしすぎているってことでしょうか?

学生

バリ活 向山

まさにそうです。そういう人には、「企業起点」の視点を取り入れてほしいです。

バリ活 向山

「自分のやりたいこと」からスタートするのではなく、「企業のやりたいこと」からスタートするということです。
え、企業のやりたいことですか!?

学生

バリ活 向山

特にベンチャーはそうなのですが、やりたいこと」を強く持っているのは企業側なんです。

バリ活 向山

「自社のサービスでこういう課題を解決したい」

「こんな世界観を実現したい」

「自社を業界トップにしたい」

といった想いですね。

あ、言われてみれば…!

学生

バリ活 向山

さらに言えば、採用というのは自社のやりたいことを実現するための「手段」です。

バリ活 向山

「うちはこういうことをやろうと皆で(すでに)がんばっています」「あなたもその船に乗りませんか?」といったイメージですね。
だから、「企業起点」の視点を取り入れた方がいいんですね。

学生

バリ活 向山

そこで、オススメの進め方としては次のような流れです。

企業の「やりたいこと」を聞いて、自分がいいかもと思う「重なり」の部分を探す

なぜ、自分がいいかもと思ったのかを「経験」「価値観」「性格」から振り返る

バリ活 向山

「企業起点」で始めて、次に自分のことを考えてみるといいと思います。
とっかかりが「企業起点」の方がスムーズなんですね。

学生

バリ活 向山

で、「企業起点」と「自分起点」を行き来して考えていくと。
スッキリしました。これで就活進めていけそうです!

学生

キャリアは偶然の出会いが8割

バリ活 向山

今の話と通じる部分があるので、人事界隈でメジャーなキャリアの考え方を紹介しますね。

バリ活 向山

クランボルツ教授が提唱している「プランド・ハップンスタンス理論(計画的偶発性理論)」って、聞いたことありますか?
初めて聞きました。どういう内容なんでしょうか?

学生

バリ活 向山

「キャリアの8割は偶然によって決まる」という理論です。
そんなに、偶然の割合が高いんですか!?

学生

バリ活 向山

変化が激しい時代ですからね。「確かにそうだよね!」という納得感もあって世界的に広まりました。
確かにそうですね…!

では就活生はどうすればいいでしょうか?

学生

バリ活 向山

当たり前ですが、ただ偶然をボーッと待っていても何も起こらないですよね。

バリ活 向山

そこで、「偶然は人との出会いがきっかけとなるので、人に会う機会を計画的に増やす必要がある」とクランボルツ教授が主張しています。
いろんな人の話を聞くことで、自分のキャリアの考え方が形成されてくるわけですね。

学生

バリ活 向山

先程の「企業起点」の話と似ているところもあって、自分のことを考えすぎるのではなく、なるだけ企業の話を聞く機会を取りにいってみてください!

記事のまとめ

  • やりたいことは「企業起点」で考えるのがオススメ。ベンチャーの場合「やりたいこと」を強く持っているのは、企業側なので。
  • 「企業起点」と「自分起点」を行き来すると、やりたいことが見えてきやすい。
  • キャリアの8割は偶然の出会いによるものなので、たくさんの人に会って話を聞いていくことが大事。